同人誌を印刷して作品を売り出す道のり

同人誌の作品を作るまでの道のり

好きなことをするのは楽しい事ですし、またやってみたいと興味をそそる事は率先してやれば、自分にも何かしら実りがあります。その1つに同人誌というものがあります。この雑誌は正規ルートの本ではなく、あくまでも個人が出す本です。商業者のものではないので、自由に作品を作る事ができるのが大きな利点です。とはいえ、費用は自分で出していくので自費出版に近いものがあります。しかし、様々なことを世に伝えていくのであれば個人で出す本も大きなメリットになります。余に多くの人に、特定の物を知ることをしてもらえますし、若い世代であれば漫画や小説といったものを世に送り出すことが可能です。その際には、自分で1から作るという工程がありますが、楽しんで作ればその苦労も苦になりません。余に出すまでの道のりは長いですが、まずはどういった流れになるのかを知ることです。

作るにあったり同人誌の会社を探してみよう

作品を作るにあたり、予算などもありますから作る前に同人誌を作る会社を探してみましょう。探すのであれば、インターネットが一番早く探せますし、情報が多くありますから早々と目途をつけることができます。また、どのような流れで作品を入稿すればよいのかなども各ホームページに掲載をされていますから、良く読んでください。さらに、本を作る際にも紙質や印刷の形態、カラー印刷か一色刷りかなどを選ぶこともできますし、製本も中綴じなども選ぶことができます。本の大きさなどもありますから、その点をよく読んでどれくらいの費用がかかるかを頭に入れてください。

印刷会社へ入稿をして仕上がったら販売ルート確保

ようやく出来上がったのであれば、完成させるために企業へ入稿をして後は仕上がり待ちをしましょう。仕上がってきた本を、今度はどこで売るかを検討してください。販売ルートを確保するには、自分でどこで売るかを決めなければなりません。何かの資料として、資料館などが出す個人本のようなものであれば、売る場所も決まってきますが、対外は楽しみながら作るものですから、コミックマーケット即売会や、個人本を置いてくれる本屋さんへ交渉をするなどをしてください。販売するにあたり、今はインターネットでも売る場所などを掲載していますから、調べてみましょう。自分が作った本の仕上がりはできた時の嬉しさだけでなく売れた時の喜びもあります。不安なことよりも、楽しいことをおもい描いて作ってください。

ピックアップ記事一覧